未経験からプログラマーへ!キャリアアップの選択肢は、意外に簡単に広がるという話。

こんにちは。
プログラマーを目指して勉強中の、韓国料理大好き、元ど文系女子のみくです。

先日ruby on railsで開発してリリースしたシフト管理アプリ -みくりん- が元職場の方から大好評でテンション上がってます!
作ったものを使ってくれるって嬉しいものですね!

 

さて、寒い日が続いていますが、体調崩されていませんか?
インフルエンザも猛威を振るっているようですので、わたしも体調管理に気をつけつつ勉強の日々です。

年明けからエンジニアへの転職に向けて本格的に動いており、
最近は1日10時間以上勉強してます!

大変ですが、元々勉強好きでもあるので
社会人になってからもこんなに勉強に時間をとれるのがありがたいです。

 

 

さて、今回は
「キャリアアップの選択肢は意外に簡単に広がるということ」
について、書きたいと思います。

 

もともと海外旅行が大好きなのもあり
「ちょっとでも足を踏み出せば、すぐ近くに全く異なる世界が広がってる」という体感はあった私。

だって、飛行機で2時間も飛んだらもうお隣の国、韓国に行けちゃうんですよ?
北海道より近い!そして日本と色々違ってディープ!!

 

「同じアジアでしょ?」と思っている方がいたら
ぜひ韓国のアカスリを一度体験していただきたい笑(男性のかたもぜひ!)
わたしはいろんな既成概念が壊れました(笑)

 

そんな体感はあったものの、
仕事やキャリアについても同じように考えていたかというと、初めは真逆でした!

 

1社目に某大手企業を選んだのも、
「社会人人生をずっと過ごす会社なのであれば
安定していて福利厚生もいい大企業がいい!!!」
と鼻息荒く思っていたのが理由です。

 

ちなみにこの時は、「転職=人生の負け組」と思い込んでいました!わお!
それが数年でいろんな人と出会い、いろんなキャリア形成のしかたを見てきて
考え方がまさかのコペルニクス的転回!!
人って変わるものですね~。

 

というか、今までわたしの周りにいたのは「会社員」が大半だったことに気づかされたんです!
「フリーランス」とか「社長」って、聞いたことはあるけどそれまで会ったことがなかった。

 

でも自分が少し行動さえすれば、多種多様な働き方をしている人に実際に会えるんだ、ということが分かりました。
そしてそういう人が身近にいると、自分もそういう働き方を選べるかも?って気になってくるんです。
やっぱり人とのご縁が一番大事だなと思います。

 

1社目の大企業は、福利厚生的には申し分ないと今では思うし
親受けもすごく良い会社だと、

今でも思います。

 

でもそれって「本当に自分が価値を感じるもの」でしょうか?

 

いろんな人がいろんな立場から「これが良い!」と発信していて情報過多な今だからこそ
「自分が本当に価値を感じるものってなんだろう?」という、ブレない自分の軸をつくっていきたいな、と思っています。