フリーランスSEになって上がった収入の3つの有効活用法

フリーランスSEになって上がった収入の3つの有効活用法

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの渋谷 和比古です。
今回は、エンジニアの方がフリーランスになって上がった収入の活用方法について、
3つほどお話しさせていただきます。

 

「収入が増えた!」

フリーランスSEになってみて上がった収入に驚いた方は多いと思います。
会社員のころのお給料に比べて、1.5倍、2倍・・中には、3倍以上になったなんて方もいるかもしれませんね。
会社員だったころからは、到底考えられない収入を目の前にして、
「会社員時代には買えなかったアレを買おう」
「ずっとしたかったアレをしよう」
と考えたくなる人もいるでしょう。
収入が増えればつい使いたくなるのが人間というものです。

 

その前に立ち止まって考える

でも、お金を使う前にまず立ち止まって考えてみましょう。
これまでは会社員だったので社会保険や厚生年金などの国に守られていた部分がありましたが、これからはそうはいきません。
将来のお金のことや、万一病気で入院した時の備えなどは、自分自身で考えなければなりません。

そこでまず、上がった収入の活用方法を3ステップで考えてみましょう。

  1.  まず緊急時に備えた資金を準備する
  2.  中長期的な貯蓄をする
  3.  自己投資も忘れない

 

(1)緊急時に備えた資金を準備する

これまで会社員だった皆さんは、社会保険に加入していたと思います。
社会保険に加入していると、「傷病手当金」といって万一入院したりしてやむなく仕事ができなくなってしまった場合に、お給料の3分の2程度が国によって保障されています。
しかし、フリーランスになって国民健康保険のみの加入になれば、たとえ入院したとしてもその間の収入はまったくなくなってしまいます。
そういった事態に備えて、最低でも月収の3か月分は緊急予備資金として確保しておきましょう。

 

(2)中長期的な貯蓄をする

緊急に備えるためのお金が確保できたら、今度は中長期的な資金について考えてみましょう。
会社員のころは、厚生年金を納めていた思いますが、フリーランスになった皆さんは、今後は国民年金に加入することになりました。国民年金は、65歳から支給されますが、支給される額は厚生年金の平均月額14万7千円に比べ、平均月額で5万5千円とかなり少ない額となります。(厚生労働省「平成27年厚生年金保険・国民年金事業の概況」より)
そのため、将来の資金は自分自身で準備しなければならないのです。

フリーランスの方が、将来のために貯蓄をするときには、注意しなければならないことがあります。
まずは、自分自身のキャリアプラン・ライフプランをしっかり考えた上で始めることをお勧めします。これから、結婚、出産、子育て、子供の教育、住宅など様々なことでお金がかかってきます。あとで「お金が足りない!」なんてことがないように、きちんと貯蓄計画を立てましょう。

また、どうやって貯蓄しよう?と悩まれることも多いと思います。
長期的な貯蓄を考える場合は、銀行で貯金をするだけでなく、生命保険などの商品を利用することや、確定拠出年金(ideco)やNISAなどの制度や、資産運用を考えることをおすすめします。
こういった長期的な貯蓄商品は、途中で引き出しができなかったり、中途解約すると損してしまうものもありますので、検討するときには注意する必要があります。

 

(3)自己投資も忘れない

皆さんはフリーランスSEになったということは、「自分のSEとしてのスキルを売って飯を食ってる」ということです。
フリーランスになったということは、収入も自分次第ということになります。せっかくフリーランスになったのだから、ぜひスキルを磨いてさらに収入を上げていきたいものです。
新しい知識やスキルを得るために、惜しまずお金を使いましょう。
スキルが上がれば、収入が上がる。これもフリーランスになったからこその醍醐味ですね。

また、友達と遊んだり、いろんなものを見たり、食べたり、こういった楽しみもとても大切だと思います。これも立派な自己投資です。
ぜひ上がった収入で楽しむということも忘れずにいてくださいね。

 

まとめ

さて、「上がった収入の3つの活用法」いかがだったでしょうか。
フリーランスSEになって、収入が上がって嬉しい面もあれば、税金や将来のことなど不安なこともあるかと思います。
不安なことなどは、身近な専門家に相談してみましょう。
その上で、上がった収入を無駄なく活用して、より豊かな人生を歩んでくださいね。