フリーランスSEらしい服装って?

FASHION STYLIST JAPAN

こんにちは、ファッションスタイリストジャパンの吉川です。

企業から独立されたSEの方から、
「フリーランスSEらしい服装って何ですか?」
と相談を受けることがあります。

そこで今日はフリーランスSEの服装について、
スタイリストの視点から考えてみたいと思います。

 

1.大切なのは世間が思うSEらしさではない

そもそも、一般的なイメージで
SEらしい服装とはなんでしょうか?

私の担当するクライアント様にも
プログラム設計、作成、保守と様々なSE業の方がたくさんおられます。

皆さんからは外部者と直接会わないから何を着てもOK、
決まってるからスーツならとりあえず大丈夫、
という話をよく伺います。

仕事柄、あまり服装について気にせずとも
困らない職業であると言えるでしょう。

そうした世間のイメージでSEらしい服装と言うならば、
カジュアルでラフな服装なのかもしれません。

企業に保護されているSEであれば何を着ていても良いでしょう。
仕事さえきちんとこなしていれば、失ったりすることはありません。

ですが、フリーランスとなると話は別です。

企業の看板がはずれていますから、
仕事が勝手に降って湧いてくるわけではなくなる。

仕事の質はプロとして当然のこと外見まで含めて、
自分でプロデュースしていく必要があります。

あなたなら信頼できる、
あなたなら期待できる、
そうした相手目線の服装が求められるのです。

 

2.求められるSEになる服装3つのポイントとは? 

では、求められるSEになるための服装とは何か?

以下、3つのポイントに気を配りましょう。

  1. サイズ感
  2. TPO(時・場所・場合)に合わせた服装
  3. 清潔感

 

1つ目のポイントは「サイズ感」です。

 

まず何よりも優先すべきは「サイズ感」です。

ソデの長さ

着丈の長さ

身幅が大きすぎたり、ピチピチでないか

肩がずれたり落ちたりしていないか

自分の身体本来のラインが美しく見えるものを選ぶことで、
男女問わずきちんとしている、合っているという感覚を与えます。

特に女性は日頃からサイズ感に対する
優れた選美眼を持っていらっしゃいます。

いかにすれば自分が綺麗になれるかを、
男性よりも高い意識で探究しているのです。

男性・女性問わず常に好感を持たれるSEとなるのに、
もっとも大切にしたいところです。

 

2つ目のポイントはTPOです。

基本的にはジャケットパンツスタイルや、
カジュアルスタイルで全く問題はないでしょう。

しかし、相手の会社の習慣や企業風土に合わせるには
スーツが必要なこともあるでしょう。

滅多に着ないのであれば、尚更いつでもどこへでも
安心して着ていける上質なスーツを1着以上は用意しておくこと。

仕事のできる男性は気配り、心配りを忘れることはありません。

フリーランスSEのあなたの服装は、相手にとって
仕事の中身を想像させる重要な判断基準でもあるのです。

 

3つ目は清潔感です。

何を当たり前のことを。。。と思われるかもしれませんが、
清潔感があるかどうかを判断するのは自分ではありません。

相手があなたを見て判断することなのです。

ということは、相手から見て清潔感があるかどうか。
その基準を満たしていることを最優先にすることです。

シワや汚れ、ニオイに至るまでマメにチェックしておきましょう。

特に衿の折り返し部分や袖口は汚れが蓄積しやすいので、
専用の洗剤で手洗いした上で洗濯機に入れること。

自分では気づかない部分も相手からは
よく見えてしまっているものです。

注意を払って払いすぎることはありません。

 

まとめ

総合すると、仕事をお願いしたくなるフリーランスSEらしい服装とは

サイズ感が良く、見た目はもちろん仕事にも期待が持てる服装

清潔感を保つことで、細やかさや気配りを感じられる服装

TPOに合わせた服装で、状況変化に対して柔軟性を感じられる服装

 

といえるでしょう。
しっかり準備をしてから、最高に信頼されるフリーランスSEとして
この広大なフィールドで活躍していきましょう!