友達と同じケアではきれいになれない!?

こんにちは、エステティシャンの宮下です。

すっぴんに自信をつけたくて、色んな情報を雑誌やテレビ、ネットで情報を得る方は非常に多くいます。最近ではエステティシャンよりも情報量が多い方もいます。

テレビ番組でも、健康と美容の特集を多く見かけますよね。

テレビで取り上げられたものはすぐに完売になり、
いろいろと試してみる方は多いのではないでしょうか?

今回は、いろんなことを試しているのに、
「なぜ結果が出ないのか」を解説していきます。

というのも、自分の肌を把握していない為に失敗するのです。

 

私は、すぐ流されるタイプなので○○の化粧水が良いと聞けば、少しピリピリするけど1本は使い続けてみようと、間違ったケアをしていました。

その結果、私の肌もニキビもでき、乾燥しすぎでアトピー肌のように赤い肌になってしまったのです。

まず、自分の肌状態が分析できていないのに皆と同じことをしても失敗するということです。

あなたにはぜひ、すっぴん美人でいてほしいので、じっくり読んで実践してください。

 

1.あなたは何肌?

  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 乾燥肌
  • 普通肌
  • 敏感肌
  • インナードライ肌

この6つの中で、あなたは何肌ですか?
(最後のインナードライ肌というのはここ数年で出てきましたね。)

 

では、あなたの肌質の理由を聞きたいです!!

例えば…

・顔がよくテカテカになってるから、脂性肌かな
・おでこと頬のテカリ具合が違うから、混合肌かな
・お風呂上りにすぐ化粧水をつけないとつっぱるから、乾燥肌かな
・特にトラブル、悩みが無いから、普通肌かな

などなど、他にも理由が出てくると思います。

インナードライについては、自分で気づける方が少ないです。

しかし、その分析合っていますか???

 

2.毛穴で基礎化粧品を決める

まず、鏡を用意してください。

 

あなたの毛穴はどんなかたちをしていますか?

決して、気になるものを見つけて潰したり、いじったりしないでくださいね!

 

目の下の頬とか・・

 

鼻の毛穴とか・・・

 

アゴとか・・

おでことか・・・

 

特に、どの場所の毛穴が気になりましたか?

どんな形?

どんな色でしたか?

 

では、まずは毛穴のかたちを解説していきます。

毛穴には大きく分けて2パターンあります。

①丸いかたち

②丸ではないかたち

 

どちらに当てはまりましたか??

どちらのかたちが多かったですか?

細かく言うと、頬やおでこ、鼻など場所によって毛穴のかたちが違う方もいます。

 

①丸い毛穴は、乾燥が原因です。

こめかみ部分まで毛穴が開いている方もいらっしゃいます。

このタイプはセラミド化粧水で保湿する

 

②丸くない毛穴は、たるみです。

涙型の毛穴とも呼ばれます。

たるみが酷いなると、少し毛穴が線のようにつながって見えます。

このタイプはたるみケアとお肌をふっくらさせる化粧品を使用する。

毛穴のかたち、場所によってケア方法を変えることをおすすめします!

 

まとめ

全体の肌質を見るのも大切ですが、もう少し細かく毛穴に触れてケア方法を変えてみるとさらに自信のつく肌作りができます。

私は毛穴を見て、毎回その日のお手入れ内容を決めるので、変化が分かるようになったわ。と、言っていただけます。

みなさんもこの毛穴を参考に場所ごとにお手入れ方法、変えてみてくださいね♪