老化を妨ぎ健康でい続けるためには筋肉を増やすことが最短ルート?

こんにちは。

皆さんと比べたら“超”のつくアナログ人間ではありますが
皆さんの日々の生活に必ずやお役立ちしたいと意気込んでいる
ヒューマンコンサルタント兼パーソナルトレーナーの町田(まちだ)です。

 

さてさて、運動不足ですか?(笑)

20 代 30 代の皆さんが主な読者だと思うのですが、
どうですか?

学校を卒業されてから
定期的な運動を取り入れてますか?

学生時代、運動部なら嫌が上にもやらざるを得ないと思いますが
こと社会人になりますと
相当な愛好家や物好きじゃないと運動をルーティンにしている人は少ないでしょうね。

「運動なんて仕事するのに必要ないし」
「もともと運動音痴で文科系だから関係ない」
「もうさんざんやったから、社会人になった今やる気にならない」

まあまあ、気持ちは判りますが
そうおっしゃらず私の話を聞いてやってください。

人間は何も運動しないでいると、日々退行(老化)する!

皆さんのような職業の方を一般に知的ワークといいますね。
日々脳を使う仕事です。創造・思考を繰り返すお仕事です。
このように脳はある意味「日々鍛えられている」から
そうでない仕事をしている方に比べて脳が発達してるんですね。

 

一方、肉体ワークされている方は(いわゆるガテン系)
身体的には不健康な方が少ないです。
当然、毎日体を動かしてます。それが仕事です。

 

さて、ここで問題は 人の身体の特性といいますか
こればかりはどうやっても避けられない事実なのですが
身体もやはり、使わないと老化・退行するんです。

人の身体は誕生から思春期である成長期を経て
一般に 20 代中盤でピークを迎えます。

そして身体は何もしないで経年変化に身を任せていると
筋肉は↓減り、脂肪は↑増える という老化現象により衰えていくのです。
これは自然の摂理です。

 

身体の老化を防ぎ健康でい続けるための示唆

イギリスの UK バイオバンクは 50 万人の成人を対象に
健康状態や生活状況などのデータを収集しているデータベースセンターですが
このデータをもとにケンブリッジ大学が行った調査で

①「筋肉多く脂肪少ない」
②「筋肉多く脂肪多い」
③「筋肉少なく脂肪少ない」
④「筋肉少なく脂肪多い」

という4つのカテゴリで
健康リスクが高く死亡率の高いグループを割り出しました。

その結果 ① < ② < ③ < ④ の順で
リスクが高くなることが判明したのです。

すなわち、
老化を妨ぎ健康でい続けるためには筋肉を増やすことが最短ルート
であるということが判明したのです。

 

病気にならず健康でいることの価値

病気になりにくく健康体であることは
とても価値のあるのことです。
人生の時間は限られています。
出来る限り有効に使いたいものです。

 

ところが病気はこの時間をあなたから奪っていきます。
病院へ行く時間 仕事ができない時間
その他、いろんな制約が増えます。

 

残念なことですが
こと人生におけるあなたの生産性を奪っていくわけです。
健康でいるときは当たり前のことが 病気になると奪われていきます。

 

ですから未病という考え方がとても大切なのです。

そして先にも記した通り、
病を遠ざけるためには「筋肉をつける。増やす」 ことを習慣化すること
なのです。

 

次回は、どうやって筋肉を増やしたらよいか をお届けします。